木造住宅耐震チェック

簡単『木造住宅耐震チェック!』

 

以下の質問に答えて、現在の耐震性を確認しましょう!

 

質問1

19816月以降に建てられた家である。

はい ・ いいえ

質問2

役所の完了検査を受けている。

はい ・ いいえ

質問3

過去に増築は行っていない。

はい ・ いいえ

質問4

過去に大きな災害は受けたことはない。

はい ・ いいえ

質問5

吹き抜けはない。

はい ・ いいえ

質問6

1階に店舗や駐車場はない。

はい ・ いいえ

質問7

外壁や基礎、柱などに目立った傷みはない。

はい ・ いいえ

質問8

建物の平面形状は長方形や正方形に近い整形である。

はい ・ いいえ

質問9

1階部分に壁が多く、バランスよく配置されている。

はい ・ いいえ

質問10

屋根瓦は軽い素材である。

はい ・ いいえ

『はい』の数が、

10個の場合、『現状では問題ありません。』

9個〜7個の場合、『専門家に相談し、耐震性の確認を行いましょう。』

6個以下の場合、『早急に専門家に相談し、耐震診断・耐震改修を実施しましょう。』


木造耐震診断について

診断手法は、一般財団法人日本建築防災協会が発行する『木造住宅の耐震診断と補強方法』に基づき行う

木造住宅の場合、耐震性を表す指標は、Is値ではなく、上部構造評点となります。

一般的に上部構造評点1.0以上が耐震性を確保しているという判定になり、上部構造評点1.0未満の場合は、耐震補強等が必要です。という判定になります。

上部構造評点

1.5以上         倒壊しない

1.0以上〜1.5未満   一応倒壊しない

0.7以上〜1.0未満   倒壊する可能性がある

0.7未満         倒壊する可能性が高い


耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)

住宅性能表示制度に基づく建物の構造の強さの目安で、地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊のしにくさを表します。等級は1〜3の3段階で示します。

数百年に一度発生する地震(地域で異なり、東京の場合は震度6強から震度7程度を想定)に対して、倒壊・崩壊しない。ものを等級1としています。

等級は1から3まであり、等級2は等級1で想定する地震の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度を示しており、等級3では等級1で想定する地震の1.5倍の力に耐えることが出来ます。


耐震等級(構造躯体の損傷防止)

住宅性能表示制度に基づく建物の構造の強さの目安で、地震に対する構造躯体の損傷のしにくさを表します。等級は1〜3の3段階で示します。

数十年に一度発生する地震(地域で異なり、東京の場合は震度5強を想定)に対して、損傷しない。ものを等級1としています。

等級は1から3まであり、等級2は等級1で想定する地震の1.25倍の力に対して損傷を生じない程度を示しており、等級3では等級1で想定する地震の1.5倍の力に対して損傷を生じない程度のものとなります。


木造住宅の耐震診断費用

木造住宅の耐震診断費用は、2階建てで、建物の延床面積が150m2以内、設計図書が存在する場合は、150,000円〜250,000円(消費税別)となります。

設計図書が存在しない場合は、設計図面の復元を伴いますので、現地調査費用と図面作成費用が、図面が存在する建物より増額となり、2階建て150m2以内の建物の場合、250,000円〜350,000円(消費税別)となります。

※関東圏及び関西圏以外の地域の場合、交通費等が別途発生致します。


木造住宅の耐震診断をご検討されている方は、まず『見積り依頼フーム』から建物情報をご送信ください。

当サイトにお問い合わせ頂き、ありがとうございます。
以下のフォームに必要事項を記入の上、ページ最下部にある送信ボタンをクリックしてください
※スマートフォンからの場合は、画面を横にしていただくとスムーズに入力が出来ます。

お電話でもお気軽にお問い合せください。
※スマートフォンからの場合は、下記の電話番号をタップしていただくと電話がかかります。

東京:03-6450-3816
大阪:06-6101-0111
下記のお申込みフォームの(*)は、必須項目です。
お問い合わせ・お申し込み
メールアドレス(*)
姓名(*)
ふりがな(姓名)
住所
電話番号(*)
会社名
コメント 

もしフォーム送信時にエラーが発生したり、送信後1週間以内に当サイトから返信が無い場合は、お手数ですがinfo@taishin-sri.or.jpにご連絡下さい。