閉じる

耐震診断の基準

耐震診断から耐震補強・耐震改修を実施する専門機関 | 耐震診断・耐震補強改修 一般財団法人耐震総合研究所

耐震診断の基準

耐震診断の基準

建物の耐震性能は、建物の強さと粘りに、建物形状と経年状況を考慮して評価されます。
鉄筋コンクリート造等の耐震性能は、Is値(構造耐震指標)という指標で表し、値が大きいほど耐震性が高くなります。
建物の安心を確保、安全確保の対策のために、耐震診断により耐震性能を把握しましょう。


        
Is値 構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性
Is値が0.3未満の場合 地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い
Is値が0.3以上 0.6未満の場合 地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性がある
Is値が0.6以上の場合 地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が低い
※2次診断、3次診断ではIs値≧0.6を基準とし、1次診断ではIs値≧0.8を判定基準とします。


耐震診断の手順と内容

耐震診断は、現地調査(予備調査)で建物の概況を把握したうえで、外観、履歴、設計図書等の内容を確認し、構造の耐震性の検討・評価を行い、耐震補強案及び概算工事費等を検討します。

当サイトにお問い合わせ頂き、ありがとうございます。
以下のフォームに必要事項を記入の上、ページ最下部にある送信ボタンをクリックしてください
※スマートフォンからの場合は、画面を横にしていただくとスムーズに入力が出来ます。

お電話でもお気軽にお問い合せください。
※スマートフォンからの場合は、下記の電話番号をタップしていただくと電話がかかります。

東京:03-6450-3816
大阪:06-6101-0111
下記のお申込みフォームの(*)は、必須項目です。
お問い合わせ・お申し込み
メールアドレス(*)
姓名(*)
ふりがな(姓名)
住所
電話番号(*)
会社名
コメント 

もしフォーム送信時にエラーが発生したり、送信後1週間以内に当サイトから返信が無い場合は、お手数ですがinfo@taishin-sri.or.jpにご連絡下さい。