閉じる

長野県神城断層地震

耐震診断から耐震補強・耐震改修を実施する専門機関 | 耐震診断・耐震補強改修 一般財団法人耐震総合研究所

長野県神城断層地震

1999年11月30日

長野県神城断層地震による長野県内の被害状況



■地震情報



発生日時:平成26年11月22日(土) 午後10時08分ごろ

震  源:長野県北部

震源の深さ:5キロメートル

地震の規模:マグニチュード 6.7

震度6弱:長野市、小川村、小谷村

震度5強:信濃町、白馬村

死  者:0名

行方不明:0名

重  傷:10名(白馬村4名、長野市2名、松川村1名、小谷村3名)

軽  傷:36名(白馬村19名、長野市10名、大町市2名、小谷村1名
         飯綱町2名、信濃町1名、小川村1名)

全  壊:31棟(白馬村27棟、小谷村4棟)

半  壊:57棟(長野市13棟、白馬村17棟、小谷村27棟)

一部損壊:544棟(長野市270棟、大町市6棟、中野市4棟、松本市1棟
         岡谷市1棟、飯綱町8棟、小川村196棟、白馬村58棟)


長野県発表資料を一部抜粋


今回の地震でも、全壊家屋が31棟ありました。

耐震診断を行って、耐震性が不足している場合、耐震改修工事を行って
いれば、全壊する家屋の数を減らすことが出来ます。

今後も巨大地震が来ると予測されています。

各自治体も補助制度を整備していますので、一人でも多くの方に、耐震
診断及び耐震改修を実施していただきたいと思います。

被災されました地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈り致します。

一般財団法人 耐震総合研究所

東日本窓口 03-6453-7048

西日本窓口 06-6101-0111

更新日: 2015-09-16 14:23:56